【失望】期待を打ち砕く大幅反落!ガンコなインフレが鮮明に!FRBもターミナルレートを上方修正⁉【SOXL速報・朝の米国株ニュース 2022年10月15日 】 #米国株

【失望】期待を打ち砕く大幅反落!ガンコなインフレが鮮明に!FRBもターミナルレートを上方修正⁉【SOXL速報・朝の米国株ニュース 2022年10月15日 】

11/26

ダウ工業株30種平均は金曜日に上昇し、祝日で短縮された取引週の間に上昇を記録しました。

ダウは152.97ポイント(0.45%)上昇の34,347.03で、3セッション連続の上昇となった。

S&P500は0.03%下落し、4,026.12で終了した。

ナスダック総合株価指数は0.52%下落の11,226.36。

FTCがマイクロソフトによるゲーム会社の買収を阻止する可能性があるというニュースを受け、アクティビジョン・ブリザードの株価が4%下落したことが重荷となった。

週明けは3指数とも上昇で終了。

ダウは1.78%上昇し、S&P500は1.53%上昇しました。

ハイテク企業の多いナスダックは他の2つの指数に遅れをとっていますが、それでも同じ時間枠で0.72%上昇しています。

週明けの株価は、米連邦準備制度理事会(FRB)の11月定例理事会の議事録待ちのため軟調に推移した。

この議事録は、中央銀行が今後の利上げペースを減速させるとの見通しを示したため、取引量が少なく不安定なセッションでも、週明けの株価は上昇した。

この議事録には、「参加者の相当多数が、利上げペースの鈍化が近いうちに適切となる可能性が高いと判断した」と記されている。

また、景気低迷が懸念される中、小売業が堅調な決算を発表し、消費意欲の高まりを示したことも、株価を押し上げた。

中国でのロックダウンの継続を懸念して、市場は抑制されたままでした。

中国では、ここ数日で患者数が増加したため、コビド規制が強化されている。

今週初め、中国では5月以来のコビドによる死亡例が報告されました。

来週は、クローガーやアルタ・ビューティなどの企業の決算発表が予定されており、投資家は注目することになる。

経済面では、FRB関係者のさらなる発言や、中央銀行が好んで使用するインフレ指標である個人消費支出を木曜日に発表することに注目が集まるだろう。

11月の雇用統計は金曜日に発表される予定だ。

11/22

株式は、感謝祭の休暇のため、短い取引週の始まりとして、不安定なセッションで月曜日下落しました。

ウイルスによる死者が報告された後、中国が再びコビド規制を強化するのではないかという懸念が市場を圧迫し、エネルギー株と原油価格が下落した。

トレーダーはまた、連邦準備制度理事会(FRB)から将来の利上げに関するさらなるシグナルを探った。

S&P500種株価指数は0.39%下落の3,949.94、ナスダック総合株価指数は1.09%下落の11,024.51でこの日の取引を終えました。

ダウ平均株価は45.41ポイント(0.13%)下落の33,700.28となったが、この指数の損失はディズニー社の株価が急上昇したことにより緩和された。

となりました。

B. Riley Financialのチーフ・マーケット・ストラテジスト、Art Hogan氏は、「中国の再開を期待した世界経済の回復ストーリーに水を差す結果となった」と述べた。

ディズニーの株価は、前CEOのボブ・アイガー氏がボブ・チャペック氏の後任としてエンターテインメント大手の指揮を執ることを発表し、6.3%上昇した。

アイガー氏のディズニー復帰は、2020年2月にCEOに就任したチャペック氏の短くて不安定な在任期間に終止符を打つ。

最近の弱気相場の上昇は、感謝祭の祝日で取引週が短くなるため、トレーダーが休みを取るためボラティリティが高まり、出来高が減少する可能性があるため、保留されていると思われる。

月初めには、10月の消費者物価指数の測定値で株価が上昇し、先週の卸売物価の測定値で勢いを増した。

11/18

木曜日の米国株は、インフレ緩和や米連邦準備制度理事会(FRB)の政策転換に対する楽観的な見方が薄れ、ウォール街が様々な企業決算を見極める中、下落傾向を拡大させた。

S&P500種株価指数(^GSPC)は、1%以上下落した後0.3%下落し、ダウ平均株価(^DJI)はほぼ横ばいで300ポイント以上の下げ幅を縮小した。

テクノロジーに特化したナスダック総合株価指数(^IXIC)は0.4%下落した。

ブラード米セントルイス連銀総裁は、FRBの金融引き締めは今のところ観測されるインフレに対して「限られた効果」であり、「ハト派」政策でも連邦預金金利を少なくともあと1ポイント上昇させる必要があると示唆し、ウォール街が下落した日の幕開けとなった。

彼の同僚であるミネアポリス連邦準備銀行のニール・カシュカリ氏も別の発言でこの考えを支持し、基礎的な需要が冷え込んでいる証拠はほとんどなく、FRBは利上げの進行を止めることについて「まだそこまでには至っていない」と指摘した。

11/14

アップル異例なことに、アップル (AAPL) は、中国での度重なるロックダウンの結果、iPhone 14 の生産台数が減少する見込みであることを発表した。

確かにアップルの収益は今後1、2四半期に渡って打撃を受ける可能性が高いが、複数の恒久的な成長手段を持つ事業の長期的な見通しは変わらない。

JPモルガンのアナリスト、Samik Chatterjee氏も同意見です。

Appleが最大の生産拠点で生産能力の削減に取り組む中、今後数週間のダウンサイドリスクを認識しつつも、この圧力を緩和するためにブランドロイヤルティが効いてくるとアナリストは考えています。

つまり、iPhoneの消費者は納品まで長く待つ用意があるのです。

これにより、他のすべてのApple製品の中で、iPhoneは供給押し上げの結果、最も少ない需要破壊に直面することが保証されます。

(TipRanksでアップルの財務諸表を参照)また、チャタジー氏は、リスクは長期的に分散され、短期的な混乱が投資家の抑止力になることはないことを示す。"サプライチェーンの課題はここ数年頻繁に発生しており、デバイスの出荷の遅れが、複数四半期にわたる製品サイクル(例:iPhone 12やiPhone 13)の全体数量に何らかの影響を与えたという証拠は限られている "とアナリストは述べている。

チャタジー氏はAppleの目標株価200ドルとともに、買いのレーティングを再表明した。

同アナリストはTipRanksでフォローされている8000人以上のアナリストの中で724位にランクインしている。

さらに、彼のレーティングの51%は利益を上げており、平均リターンは9.5%となっています。

オライリー・オートモーティブオライリー・オートモーティブ (ORLY) は自動車部品、工具、消耗品、機器、アクセサリーの小売業者で、Wells Fargo のアナリスト、Zachary Fadem 氏が "第3四半期の宝石" と呼ぶものを提供してくれました。

前年同期比15.25%超のEBITマージンは、同社にとって2022年の最高値だった。

需要の鈍化と高いインフレに直面する小売セクターの先行きは不透明ですが、フェデムは同社の見通しを明るく保ち、目標株価を800ドルから850ドルに引き上げ、株式の買い格付けを維持したほどです。

オライリーのDIY事業の売上高は、第3四半期に1桁台前半の伸びを示しました。

アナリストは、この成長は3年間のDIYトレンドの安定を示唆していると見ています。

(TipRanksのO'Reilly Auto Stock Investorsを参照)「より広範な小売業がますます混迷を深める中、ORLYはFY22で最高の四半期を達成し、クラス最高の実行、攻めと守りの特性、そして新たな上方修正のラウンドを考慮すると、我々はFY23への設定を好む」と、アナリストは述べている。

ファデム氏はTipRanksのトップ100アナリストの一人で、81位にランクインしています。

彼の成功率は65%です。

さらに、彼の各評価は過去12ヶ月の平均で18.2%の利益を上げている。